ミツオカ『Buddy』発表会レポート

昨年11月、ミツオカ初のSUV『Buddy』(バディ)が発表されました。
今年から生産が始まります『Buddy』ですが、おかげさまで大変ご好評をいただいております。

正式発表前に2度ティザーを公開しましたが、2度目のティザー公開直後から反響が大きかったことを覚えております。
発表後も予想を大きく上回るご予約をいただきまして、すぐさま生産計画の見直しを行い、早くお届けできる体制を整えております。

さて、そんな『Buddy』ですが、発表会の様子をまとめてご紹介いたします。

新型コロナウイルス感染症の予防対策のため、発表は前日から複数回に分けて行われました。
新型コロナウイルスは飛沫感染、接触感染で感染するそうですので、参加者はマスクを着用し、パーテーション越しにプレゼンテーションを行いました。

『Buddy』(バディ)アンヴェール。

同時に先行予約の受付開始と生産計画がアナウンスされました。

新型SUV『Buddy』は、ミツオカでは初めてとなるSUVカテゴリーです。

「自然体でサラリと乗りこなせる相棒」をコンセプトに、畏まった雰囲気を持たず、遊び心満点で、気持ちの良いアウトドアライフやスタイリッシュな街乗りにお楽しみいただけるよう仕上げてあります。

オールドアメリカンテイストを盛り込んだ逆スラントノーズが特長的なデザイン。

どっしりと力強いリヤビュー。

幅広い世代にお楽しみいただける、遊び心あるSUVを目指しました。

『Buddy』(バディ)というネーミングには、その人の物語にそっと寄り添い、そばにいてくれる相棒であってほしいという想いが込められています。

Life with Mitsuoka

光岡自動車がお届けするメッセージマガジン